> フッ化物洗口セット処方事業とは

この度は、フッ化物洗口セット処方事業にご参加いただきありがとうございます。
今回、初めてフッ化物洗口にチャレンジしたという方も多かったのではないでしょうか。フッ化物洗口剤は、ご家族全員が少なくとも1か月間洗口できる量を処方しました。しかし、うがいをするだけという簡単なことでも、新しい習慣を取り入れることはなかなか大変なことだったと思います。
休まず続いた、面倒で続かなかったなど、ぜひ率直なご意見をお聞かせください。今後のむし歯予防活動に役立てたいと考えております。

回答〆切:令和5年2月28日(火)

*今後もフッ化物洗口を続けたい場合は、「フッ化物洗口剤取扱い医院リスト/pdfダウンロード」をご参照ください。引き続き処方を受けることができます。(有料)
*セットに含まれていた「オラブリス洗口用顆粒11%」のほか、「ミラノール顆粒11%」という製剤も同様にお使いいただけます。
*このように水道水にに溶かして使う顆粒タイプのほかに、すぐに洗口できる手軽な液体タイプのものもあります。効果はどちらも同じです。顆粒は溶かす手間がかかりますが、液体に比べて費用負担が約1/5~1/10程度ですむのが特徴です。


 

    ◆お名前(漢字) *必須

    ◆お名前(フリガナ) *必須

    ◆メールアドレス *必須

    ◆〒

    ◆住所

    ◆電話番号

    ◆ご家族のうちで実際にフッ化物洗口を行った人数

    ◆金沢市歯科医師会「フッ化物洗口セット処方事業」への参加は何回目ですか。

    ◆フッ化物洗口を行ってみていかがでしたか?

    ◆フッ化物洗口を行った感想として当てはまるものを選んでください(いくつでも)

    ◆これからもフッ化物洗口を行いたいですか?

    *その他を選択された方は理由をお書きください

    ◆今回、どのようなきっかけでこの事業を知りましたか?

    *その他を選択された方は理由をお書きください

    【事例1】
    フッ化物洗口は年齢に関係なくむし歯予防に効果がありますが、特に4歳から中学3年まで続けて行うことで最も高い効果を得られます。そして、その効果は大人になっても継続することが分かっています。現在、金沢市歯科医師会では保育所やこども園 でのフッ化物洗口に取り組んでおり、市内25 か所(令和4年12月現在)の園において、希望するお子さんがフッ化物洗口に参加しています。

    ◆事例1の取り組みについてどう思いますか?

    【事例2】
    全国的には、小中学校でもフッ化物洗口が広く行われています。(6,109施設:令和3年3月現在)
    残念ながら、金沢市を含め石川県で実施されている学校はありません。
    金沢市歯科医師会では、保育所やこども園で行っているフッ化物洗口を、小中学校でも継続したいと考えて働きかけを行っています。

    ◆事例2の取り組みについてどう思いますか?

    ◆フッ化物洗口についてのご感想、ご意見がありましたらお聞かせください。

     
     


    ◆実際にフッ化物洗口を行ったご家族についてお聞きします。
    年代とフッ化物洗口を継続して行った期間について、当てはまるものを選択ください。
    洗口が行えなかった日があっても、1,2日以内に再開した場合は継続したものとしてください。


    ▼1人目

    続けて洗口した期間


    ▼2人目

    続けて洗口した期間


    ▼3人目

    続けて洗口した期間


    ▼4人目

    続けて洗口した期間


    ▼5人目

    続けて洗口した期間


    ▼6人目

    続けて洗口した期間


     
     

    確認画面は表示されませんのでご了承下さい。
    お忙しいところアンケートにご協力いただき、ありがとうございました。
     

    *送信前の□にチェックを入れませんと送信されません。
    *メールアドレスにお間違いがなければ、自動返信メールが送信されます。
    (お間違いがあり自動返信が確認できない場合、受付されておりませんのでご注意ください)