ブラッシング

 永久歯の奥歯は一本で自分の体重を支えられるといわれています。湿度も高く細菌がたくさんいる口の中という悪条件の中でも歯は一生使用することができます。この歯を健全に保ち続けるもっとも良い方法は「予防」です。どのような最新治療をもってしてもこの「予防」には到底かないません。正しい知識を身に付け一日一回は丁寧なブラッシングを心掛けましょう。

ブラッシングの目的

 ブラッシングにおける最大の目的は、口の中にいる細菌の増殖を抑制することにあります。口の中にいる細菌は栄養(食べ物)があると、それを分解して急速に歯垢(細菌の塊)を形成します。この歯垢が虫歯や歯周病の原因となります。虫歯予防と歯周病予防においてブラッシングで歯垢を除去するという点ではまったく同じです。

歯ブラシの種類

写真:歯ブラシ

歯ブラシは通常の形態であれば問題ありません。歯ブラシは成人用と小児用に別れていますが、歯の大きさや歯並びの状態では小児用のほうが使いやすい場合もあります。乳歯用のものはブラシ部分が小さく(下)、混合歯列期 (永久歯に生え変わる時期) 用になると大きめになります(中)。

歯ブラシの硬さと持ち方

写真:歯ブラシの持ち方

歯ブラシの硬さは「ふつう」を使用します。歯の汚れ(歯垢)はとても軟らかく細菌の集合体ですから「ふつう」の硬さがあれば十分に磨くことができます。また歯ブラシは鉛筆を持つように握ります。毛先の向きや力のコントロールがしやすくなります。

適切なブラシ圧

写真:ブラシ圧

歯ブラシを軽く持ち、毛先が軽くしなる程度が適切な力の目安です。このしなった毛先が元に戻ろうとする復元力で汚れを落としていきます。毛先の広がってしまったものや、古くなった歯ブラシではこの復元力が落ちてしまい清掃効率が極端に悪くなります。これは「やわらかめ」の歯ブラシでも同じです。

基本的なブラッシング法

写真:歯のモデル

歯に着いた歯垢が最もたまりやすい部分は歯と歯の間、歯と歯肉の境界部です。この部分にしっかりと歯ブラシを当てる必要があります。


頬や唇に面している歯の外側を磨く場合

頬や唇に面している歯の外側を磨く場合には、歯ブラシを歯に対して斜め(約45°)に傾けて使用します。このことにより歯と歯の間、歯と歯肉の間に歯ブラシの毛先が入っていきます。この状態で細かく横に動かして清掃していきます。この方法は歯周病予防において最も一般的な磨き方です。

写真:歯のモデル 写真:歯のモデル

歯が小さい方や永久歯が生えたばかりの場合では無理に側面から歯ブラシを当てる必要はありません。歯の上から斜めにしても歯と歯肉の間に歯ブラシの毛先が届きます。

写真:歯のモデル 写真:歯のモデル

歯ブラシをどのように当てるかは、毛先が歯と歯肉の間に届いているかどうかで判断します。そのため、歯ブラシの毛先は上の歯ならば上へ、下の歯ならば下へ向きを変えて歯の外側全体を磨きます。

写真:歯のモデル 写真:歯のモデル
写真:歯のモデル 写真:歯のモデル

 

舌に面している歯の内側を磨く場合

舌に面している歯の内側を磨く場合には上下とも歯ブラシを縦もしくは少し斜めに使います。

写真:歯のモデル 写真:歯のモデル 写真:歯のモデル
写真:歯のモデル 写真:歯のモデル 写真:歯のモデル

 

歯が重なっているところや歯並びが悪いところがある場合

写真:歯並びの悪いところ

歯が重なっているところや歯並びが悪いところでは、歯の外側であっても歯ブラシを縦にして毛先を使用すると比較的簡単に磨くことができます。


 

上にある奥歯の裏側を磨く場合

上の最奥にある歯の裏側は磨きにくく歯ブラシの届きにくい場所です。専用の歯ブラシ(タフトブラシ)もありますが、乳歯用の小さい歯ブラシを使用しても簡単に磨けます。通常の歯ブラシで磨く場合、口は大きく開けず、指一本分くらい軽く開けたままで歯ブラシを入れます。柄の部分で頬を広げるように外側へ開きさらに少し奥へ歯ブラシを進めると、歯ブラシの先が歯の後ろ側に入るのがわかります。それでも入らない場合は下あごを歯ブラシの入れる側へ少しずらしてみるか、開ける口の大きさを少し変えてみてください。

写真:歯のモデル 写真:歯のモデル

*歯ブラシの当てる角度や方向がわかりにくい場合、乳歯用の小さな歯ブラシを使用するとよい場合があります。磨く時間はかかりますが歯ブラシが小さい分、小回りが利いてそれぞれの歯にブラシが当たる感触がわかりやすくなります。

お口の状況にあった適切なブラッシング法を身に着けることはとても重要なことです。ご不明な点、詳細はお近くの歯科医院にてご相談ください。

補助的清掃器具

 今ある歯の状態や歯並びの状態、また受けた歯科治療によっては十分にブラッシングができない場合があります。このような場所を補うために、歯間ブラシ、デンタルフロスなどの「補助的清掃器具」を使用します。

写真:タフトブラシ

タフトブラシ

ブラシの植毛部が一束になっているもので、奥歯の届きにくい場所や歯並びが悪くなっている場所に使用します。


写真:デンタルフロス

デンタルフロス

歯ブラシが届かない部位や歯間ブラシが入らない歯と歯の間の清掃に使います。ナイロンの繊維の束をより合わせて作られており、表面にワックスが付いているタイプや、ホルダー(柄)付きのタイプがあります。


写真:歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯と歯の間が大きく空いている場合や受けた歯科治療によりデンタルフロスが入らない場合の清掃に使います。ワイヤー(針金)に細かくて小さいナイロンの毛が付いているもので、ブラシの太さに種類あり、隙間の大きさに合わせて使用します。

電動歯ブラシについて

 電動歯ブラシにはヘッドが縦もしくは横に往復運動するもの、ヘッドが反復回転するもの、音波歯ブラシなどがあります。普通の電動歯ブラシが一分間に5千回ほど振動するのに対し、音波歯ブラシは3万から4万回ほど振動します。手で行うブラッシング動作を機械が行うため、ブラシ部分を歯へ当てる操作は通常の歯ブラシと同様に行います。手によるブラッシングをマスターした上で使用すればより良い効果が期待できます。

上記詳細についてはお近くの歯科医院にてご相談ください。